AKAとは

CUSTOM: CSS

AKA-博田法とは

AKA-博田法とは、「エーケーエー」と読み、Arthro Kinematic Approach(関節運動学的アプローチ)の略で、関節運動学に基づき、関節神経学を考慮して、関節の遊び・関節の滑り等の関節包内運動(関節の中の動き)を治療する方法及び関節面の運動を誘導する方法と定義されています。
1979年に博田節夫先生によって開発された治療法です。現在もなお改良が加えられています。

この治療法は習得が難しく、正しい診断と正確な技術に基づいた治療を行わないと症状を悪化させる場合があります。当院では、日本AKA医学会指導医である理事長と日本AKA医学会理学・作業療法士会の指導者より直接指導を受けた理学療法士が力をあわせて治療を行っております。当院の指導医は、 標榜の許可 *1 をいただいて診断及び治療を行っております。最近、AKAと謳うあん摩やマッサージ師が増えております。臨床標榜が許可されているのは、正規に関節運動学的アプ ローチ(AKA)ー博田法を学び、当医学会の行う試験に合格した専門医、指導医だけです。なお、日本AKA医学会理学・作業療法士会の指導者(インストラクター)、準指導者(アソシェイト・インストラクター)も正規の教育と日本AKA医学会理学・作業療法士会の定める試験に合格しており、信頼できる技術を持っています。

*1・・・国の特許庁からみとめられ、AKA博田法を表示し公に診療できると示すこと。


Mori Seikei Geka AKA

AKA-博田法による治療について

まず、治療を受ける場所は、痛みなどの部位にかかわらず仙腸関節(せんちょうかんせつ )という骨盤の関節です。この関節の動きは数ミリ程度であるため、治療者は関節のわずかな動きを感じながらゆっくり治療を行います。そのため殆どの患者様はふれられる程度にしか感じません。治療する関節には動きの異常や炎症があり、その症状は治療関節のまわりだけでなく、はなれた部位にもでることが多々あります。この状態は、レントゲンやMRIなどの検査画像には写らないので、AKA-博田法により直接動きを診て、改善させることで判明します。治療の際、1人の患者さんに要する時間は診断結果や重症度によって異なります。治療頻度は、2~4週に1度が一般的です。あまり頻繁に行うとかえって痛みや状態が悪化する場合があります。

治療を受けるには

必ず、医師の診断と理学療法の処方が必要となります。

AKA-博田法を受けた方へ

治療直後に痛みが改善し、その後数時間して症状がもとに戻ったり、痛みが増すことがあります。これは、治療過程でおこりうることです。当の医師もしくは理学療法士に遠慮なくご相談ください。

日常生活上の注意点

  1. 長時間、同じ姿勢を30分以上続けないこと
  2. 運動で痛みをなおそうとしないこと
  3. 重いものを持つときは膝を使ってゆっくり持つこと

服装について

手で仙腸関節の微妙な動きを感じとる手技となりますので、スカートや固い生地(デニムなど)のズボンはご遠慮ください。
受診の際は動きやすい格好でご来院下さい。

予約について ※予約料が必要

当院ではAKA博田法の治療のみ予約を承っております。
予約方法は基本的に診察時間内のお電話のみとなっております。
現在AKA患者様が非常に多く長時間お待たせすることが多々ありますので、電話での予約をお願いしております。
その他、ご不明な点がございましたらご遠慮なくお電話にてお問い合わせください。

さらに詳しい情報